本文へスキップ

電話でのお問合せはTEL.096-375-1112

電話での外来ご予約はTEL.096-366-7077
(受付時間 8:30〜17:30 祝祭日除く)

睡眠時無呼吸症候群Sleep Apnea Syndrome

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、肥満や扁桃腺肥大などで気道が狭くなった方が夜の睡眠中に無呼吸を繰り返して睡眠が不足するために、居眠り事故や高血圧、心臓病、脳卒中などの合併症を引き起こす治療しないと命に関わる症状です。日本人男性の3.5%、女性の0.5%に発症し、鼻マスク療法(CPAPなどの有効な治療方法もありますので、体重増加に伴い眠気、いびきなどの症状がある方は、睡眠ポリグラフィーという精密検査をご相談下さい。

あなたは大丈夫? 睡眠時無呼吸チェックリスト  
6つのチェックのうち、1つでも該当したら専門医の受診が必要です。
毎晩、大きな激しいいびきをかきますか?



睡眠中に「呼吸が苦しそうだ」あるいは「呼吸が止まっている」と指摘されたことがありますか?

朝起きたとき、疲れが残り頭がスッキリしないことがありますか?


朝起きたとき、頭痛がしますか?


昼間、我慢できないほど眠くなることがありますか? 


肥満の傾向はありますか? 




睡眠ポリグラフィー検査(PSG検査)
  • 睡眠時無呼吸症候群の診断に当たっては睡眠ポリグラフィー検査(PSG検査)が必要です。そのためには1晩の入院が必要です。
  • 検査は予約制です。(月・水・金) ※ご希望の方はお問い合わせ下さい。
  • 検査当日は食事のいる方は午後5時半前後、食事を済ませた方は午後6時前後に来院していただきます。
  • 翌日は午前7時頃に終了し、8時までには退院できます。
  • 検査結果は後日、外来で説明します。
  • 入院費用は、保険の3割負担で約27,000円、2割負担で約18,000円です。(尚、食事が必要な方は食事料が別途となります)
  • 個室で検査しますが、特に個室料は頂いておりません。(個室が空いてない場合は、別のお部屋となります)

診断の流れ




眠気テスト(ESS)
それぞれの質問に対し、0〜3までのいずれかを選択し、その合計点が10点以下であれば正常範囲と判断されますが、11点以上ある場合は昼間の傾眠が疑われます。合計点が11点以上ある場合は、睡眠時無呼吸症候群を疑って精査を行う必要があると思われます。

  1. 座って読書をしているとき
  2. テレビを見ているとき
  3. 公の場所で座って何もしないとき(たとえば劇場や会議)
  4. 1時間続けて車に乗せてもらっているとき
  5. 状況が許せば、午後横になって休息するとき
  6. 座って誰かと話しをしているとき
  7. 昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っているとき
  8. 車中で、交通渋滞で2〜3分止まっているとき

 0:眠くならない 1:まれに眠くなる 2:しばしば眠くなる 3:よく眠くなる

病院案内 ご利用案内 部門・関連施設紹介 求人案内
病院案内
沿革
診療実績
施設認定・施設基準
医療設備
医療情報システム
広報誌
メディア掲載
理念・基本方針
患者さまの権利と責務
個人情報保護

外来診療のご案内
 診療案内
 診療時間
 外来担当医
 睡眠時無呼吸症候群
 禁煙外来
入院のご案内
 面会時間
 入院のご案内
 入院案内ビデオ
人間ドックのご案内
 人間ドック
公開講座のご案内
 公開講座
医師
看護部
リハビリテーション科
地域連携室
血液浄化センター
健康管理室
ボランティア

熊本内科病院
くまもと青明病院
介護老人保健施設フォレスト熊本
花鏡
ささえりあ帯山
法人本部
求人案内
福利厚生のご案内
クラブ活動のご紹介
院内専門士のご紹介
ワークライフバランスの取り組み

KONAN HOSPITAL江南病院

〒862-0970
熊本市中央区渡鹿5丁目1-37
TEL 096-375-1112
FAX 096-362-9826