平成28年度 江南病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 10 30 27 38 78 122 254 453 231
当院は地域に密着した患者さま中心の病院であり、専門性を生かした質の高い医療を提供しています。
全体でみると、60歳以上の患者さまの占める割合が87.5%と症状が比較的重症化しやすい高齢者の入院が多い傾向があります。内科では誤嚥性肺炎や心不全、整形外科では骨がもろくなることで、脊椎の圧迫骨折や大腿骨の骨折が多く、これらは60才以上の約26%を占めています。
60歳未満では睡眠時無呼吸症候群や骨折など整形外科的な手術の必要な患者さまが多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 130 32.48 21.25 10.00 86.74 肺炎
050130xx99000x 心不全の治療 35 32.66 17.95 5.71 87.63
110280xx99000x 慢性腎炎、慢性腎不全等の治療 28 32.29 12.84 10.71 83.96
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患の治療 17 36.71 13.85 5.88 779.06
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の治療 16 49.69 19.92 12.50 80.25
内科では、誤嚥性肺炎治療の患者さまが最も多くなっています。ご高齢の患者さまが多く、重症化しやすいため2週間以上の入院も少なくありません。
次いで多いのは睡眠時無呼吸症候群を疑われ、終夜睡眠ポリグラフィーを受けるため検査入院される患者さまと、大腸ポリープを指摘されて大腸ポリープ切除術を受ける患者さまが多くなっております。どちらも「短期滞在手術基本料3」に該当するため、DPC対象外症例になり、上の表には出てきておりません。
表の中で2番目に多いのは心不全の治療で平均年齢は87.6歳とほとんどが後期高齢者の患者さまとなっています。
肺炎の治療で、ご高齢の患者さまは重症化する傾向があり入院が長引くこともあります。
3番目以降は、慢性腎不全や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎と慢性的な疾患の増悪によって入院されています。
患者さまの状態に合せて、地域包括ケア病棟に移って退院に向けての調整を行なっていきます。
当院では口腔ケアを重視して行なっており、入院後に誤嚥性肺炎などの口腔内の細菌による合併症がおきないないように常に努めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎の骨折の治療 63 46.60 20.57 11.11 84.86 胸腰椎圧迫骨折
160800xx01xxxx 大腿骨骨折の手術 52 56.27 27.63 25.00 85.75 大腿骨近位部骨折(骨接合術)
大腿骨近位部骨折(人工骨頭置換術)
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄症の手術 31 41.42 22.55 0.00 73.90 腰椎固定術
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)の手術 23 51.65 26.26 0.00 74.04 人工膝関節置換術
160800xx99xx0x 大腿骨骨折の保存的治療やリハビリ 16 44.44 15.97 31.25 85.44 下肢骨折術後リハビリ入院
整形外科では、胸椎や腰椎の圧迫骨折で入院される患者さまが最も多くなっています。骨粗鬆症で骨がもろくなって尻もちをついて骨折することも多くなっています。平均年齢は80歳を超えています。コルセットを作成して手術をしないことが多いです。
2番目に大腿骨の骨折で手術の必要な患者さまで、高齢の方の転倒によるものが多く、在院日数が比較的長くなることが多いです。約7割が骨折した部位をつなぐ骨接合術を行なっています。
3番目に腰椎の変形や狭搾を拡げて固定する手術、4番目に膝の変形などによる関節症の手術、5番目に大腿骨骨折の手術後のリハビリテーションや保存的に治療を行なうための入院です。
整形外科では、寝たきり防止や後遺症の軽減のために、入院または手術後より早期に急性期リハビリテーションを開始しています。患者さまの体力や回復速度に合わせたリハビリテーションの内容を計画していきます。その後は回復期病棟や地域包括ケア病棟に移ってリハビリを専門的に行ない、患者さまの日常生活動作の訓練などを医療チームで進めていきます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は癌の患者さまは極めて少ない(10件未満)です。
他の病院で手術、治療をされて転院してこられるリハビリテーションや療養目的がほとんどです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 12.23 48.54
中等症 58 23.57 79.72
重症 15 30.07 86.07
超重症 - - -
不明 - - -
誤嚥性肺炎に比べて市中肺炎の件数は少なく、その中で患者数が最も多いのは中等症の患者さまとなっています。
平均年齢をみると、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることがわかります。また在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 18 153.39 82.28 6.98
その他 25 94.52 78.04 13.95
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
約4割の患者さまが急性期脳梗塞で入院となっています。
半分以上の患者さまが、他の病院から転院してこられ、充分にリハビリをされてご自宅または施設に帰られます。
寝たきり防止や後遺症の軽減のために、入院より早期に急性期リハビリテーションを開始しています。患者さまの体力や回復速度に合わせたリハビリテーションの内容を計画していきます。その後は回復期病棟や地域包括ケア病棟に移ってリハビリを専門的に行ない、患者さまの日常生活動作の訓練などを医療チームで進めていきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 37 0.05 1.05 0.00 62.59 PEG 患者用パス
K7211 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 7 19.57 29.57 28.57 86.86 大腸ポリペクトミー
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K522-2 食道ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
内科では大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を一番多く行っています。
ポリープは、大腸や直腸の内膜にできた、キノコ状、いぼ状の隆起性の病変のことで、良性のポリープや早期がんなどがあります。
肛門から内視鏡を挿入し、大腸全体を検査し、ポリープがあれば切除します。
切除後は多くの場合は入院して、1~2日間出血がないかを確認して退院となります。
2番目は胃瘻造設術です。
脳血管障害や認知症などにより嚥下機能障害などから十分な食事を口からとることが困難・危険であったり、誤嚥性肺炎を繰り返し起こしやすいなどの場合に、内視鏡下でおなかに小さな穴をあけチューブで直接胃に必要な栄養をいれるための手術(胃ろう造設術)を行ないます。鼻からのチューブに比べて、口から食べるリハビリや言語訓練が行ないやすいというメリットがあります。
また、下部消化管出血の症例に対する内視鏡適消化管止血術も行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 44 3.36 58.23 20.45 85.14 上腕骨近位端骨折
大腿骨近位部骨折
K1422 脊椎固定術(後方又は後側方固定) 33 3.55 47.85 0.00 74.18 腰椎固定術
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 32 1.56 52.94 0.00 72.97 人工股関節全置換術
人工膝関節置換術
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 27 4.89 59.70 22.22 83.63 肩人工骨頭置換術
大腿骨近位部骨折
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 26 4.54 25.42 0.00 69.12 橈骨遠位端骨折(プレート)
橈骨遠位端骨折(経皮ピンニング)
手指(入院)手術
下腿骨骨折(プレート)
整形外科では骨折観血的手術という骨折部位の骨をつなげる手術が最も多く、そのうちの80%以上が大腿骨骨折の骨接合術です。
2番目が脊椎狭窄症や脊椎不安定症に対する脊椎固定術になっています。
3番目に人工関節置換術です。その約80%が膝関節の手術で、膝の関節のすり減った部分を人工関節に入替える人工膝関節単顆置換術(UKA)を多く行なっています。
関節の一部を手術するUKAは、膝への負担が少なく、回復も早いので優れた手術法として拡大しています。
骨のすり減りや破壊が進んでいる場合は、人工膝関節全置換術(TKA)を行ないます。
4番目は変形性股関節症や大腿骨の骨頭付近での骨折などの骨をつなげるのが難しい場合に行なう手術で、骨頭を人工骨頭に入替える手術を行ないます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0
異なる 0
180010 敗血症 同一 7 0.49
異なる 0
180035 その他の真菌感染症 同一 0
異なる 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.14
異なる 0
*入院契機 
 同一・・・ 入院のきっかけとなった疾患を主に治療した症例
 異なる・・・入院したときの病名より入院後に発症した疾患を主に治療した症例

当院では播種性血管内凝固、真菌症は「同一」、「異なる」共に症例がほとんどありませんが、敗血症の「同一」の症例では、肺炎や腎盂腎炎により全身状態が悪化して敗血症という重症な状態で入院となる患者さまがみられます。
また「異なる」症例は、ありませんでしたが、誤嚥性肺炎で入院されて全身状態が悪化して敗血症を起こされることがあります。ご高齢で重症化しやすいこともあると考えられます。
手術・処置の合併症では、透析用人工血管の感染症が1件と人工股関節の脱臼が1件でした。
手術や処置などは、合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さまに充分説明した上で、手術や処置の施行に納得いただいた上で、同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2017/09/29
平成28年度 江南病院 病院指標を公開しました